売買手法に特化した情報コンテンツ

テクニカル分析に特化した相場情報サイト「マーケットEYE」

0120-520-307

受付時間/平日9:00~17:00

お問合せフォーム

テクニカル分析を学ぼう知っておきたいテクニカル分析を図解つきでご紹介。



テクニカル分析を学ぶ際の重要なポイントは、基本から始めることです。最初に基本的な用語や概念をしっかり理解しましょう。テクニカル分析の基礎を押さえることは、高度な分析に進むための基盤を築く重要なステップです。


テクニカル分析は難しそうというイメージをお持ちの方も多いとおもいますが、テクニカル分析を知ることは相場の第一歩です。まずは簡単なテクニカル分析から見てみましょう。



実際のチャートを見ながらテクニカル分析を勉強した方がわかりやすいかもね。

テクニカル分析のご紹介
テクニカル分析入門
【テクニカル分析入門】テクニカル分析の初歩である「移動平均線」「RSI(相対力指数)」「ボリンジャーバンド」「MACD」「フィボナッチ」「平均足」の概要です。
トレンドライン分析
【トレンドライン分析】最も簡単だが最も多くの人に利用されている「トレンドライン分析」をご紹介。トレンドは、相場の方向性を示す重要な情報です。

トレンドラインの引き方
【トレンドラインの引き方】実際のトレードでのより具体的なトレンドラインの引き方のご紹介です。間違ったラインの引き方をしていませんか?
チャートパターン分析
【チャートパターン分析】過去の同じようなチャートパターンを分析して、未来の予測に活かすのが「パターン分析」です。
移動平均線
【移動平均線】トレンド系テクニカル分析の代表選手。様々なテクニカル分析に利用されているので仕組みをしっかり理解しましょう。
ボリンジャーバンド
【ボリンジャーバンド】価格の変動性とトレンドの方向性を上下2本のバンドで評価するために使用される指標です。
平均足
【平均足】トレンドの継続と転換を視覚的にわかりやすくするテクニカル分析です。トレンドフォローの売買に適したチャート分析です。
エリオット波動
【エリオット波動】市場の価格パターンやトレンドを分析し、将来の価格変動を予測しようとするテクニカル分析のアプローチです。
MACD(マックディー)
【MACD(マックディー)】トレンドの方向とその強さを示すために使用されるテクニカル分析の指標の一つです。価格の平均的な動きを視覚的に表示し、トレンドの変化や反転の可能性を示すのに役立ちます。
PIVOT(ピボット)
【PIVOT(ピボット)】ピボットポイントを使用することで、トレンドの変換点や価格の反転を識別し、短期売買(デイトレード)の取引の参考点となるサポートおよびレジスタンスの水準を把握することができます。
パラボリック
【パラボリック】トレンドの反転ポイントを示すためのテクニカル分析の指標の一つです。「J.W.ワイルダー」氏によって開発されたテクニカル指標で、RSIやDMIなどと同じく、市場の動向を分析するための有用なツールです。
サポートラインとレジスタンスライン
【サポートラインとレジスタンスライン】「サポートライン」と「レジスタンスライン」は、チャート分析において価格動向を理解するための基本的な概念です。これらはテクニカル分析の中核をなすもので必ず内容を把握してください。
相対力指数(RSI)とは
【相対力指数(RSI)】オシレーター系指標の中でも特に有名なテクニカル分析ツールです。市場が買われ過ぎまたは売られ過ぎの状態にあるかを示すことに焦点を当てています。
フィボナッチ分析
【フィボナッチ分析】「0.618(黄金比)」「0.382」「0.236」は、相場のチャート上によく現れる比率であることが知られています。この比率を相場の分析に利用しようというがフィボナッチ分析です。
テクニカル分析を使った売買手法
中期スイング売買法
【中期スイング売買法】「明日の一押し」「今日のつぶやき」に掲載している中期スイング売買法の解説です。
Sアタック
【Sアタックのご紹介】Sアタックは、短期トレード向けのテクニカル分析手法で、各セッション内での売買を目的としています。具体的には、セッションが始まる際にポジションを取り、セッションが終了する際に取引を決済します。

テクニカル分析を行うためのツール
【TradingView(トレーディングビュー)の使い方】チャート分析のプラットフォームとして人気のTradingView(トレーディングビュー)の紹介です。


テクニカル分析は理論だけでなく、実践も重要です。最初は難しく感じるかもしれませんが、時間と継続的な学習を通じて、理解とスキルを向上させることができます。実際の市場でのトレード経験も、テクニカル分析をマスターするためには不可欠です。

また、テクニカル分析は価格の動向を予測する手法ですが、正確な予測を提供するものではありません。リスク管理を忘れずに行いましょう。リスク管理戦略を確立し、損失を最小限に抑え、資本を守ることが成功への道です。これらのポイントを押さえながら、テクニカル分析を学び、トレードのスキルを向上させていくことが可能です。



執筆者の写真

監修:安村 武彦

国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト(CFTe)・AFP(日本FP協会認定)
大阪府出身。1987年に商品先物業界に入社。2005年末に業界を離れ、2006年より専業トレーダーとして商品・株式・FXの売買で生計をたてる。個人投資家が相場で勝つためには、投資家目線のアドバイスが必要不可欠と感じ業界へ復帰。真のアドバイザーを目指し現在に至る。個人投資家向けに開催する一目均衡表のセミナーは非常に分かりやすいと好評を得ている。

ご注意ください。
当サイトの情報は各アナリストがテクニカル分析に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。
売買に際しての最終判断はあくまでもご自身でご決定ください。 商品関連市場デリバティブ取引及び商品先物取引は元本や利益が保証されるものではなく、 価格の変動により場合によっては委託証拠金の額を上回る損失が生じることもあります。 為替、日経平均株価の分析は、商品市場分析の参考データとしてご提供しております。 当社では、外国為替証拠金取引及び日経平均指数先物取引の取り扱いはしておりません。
なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますのであらかじめご了承ください。
お取引の際は事前に 重要開示事項 等を十分ご理解のうえ、ご自身の判断で行なって頂けますようお願い申し上げます。