売買手法に特化した情報コンテンツ

テクニカル分析に特化した相場情報サイト「マーケットEYE」

0120-520-307

受付時間/平日9:00~17:00

お問合せフォーム

明日の株価と為替の展望です。明日の株価と為替明日の株価と為替の展望です

明日の株価と為替 


明日の株価と為替  ドル円 7月16日更新

為替
為替 昨日のNYドル/円相場は、前日比では円安・ドル高となる158.07円。東京市場が連休とあって、持高調整が中心の小動きになった。トランプ前大統領が銃撃を受けて負傷したが、債券や為替相場に対する影響は限定された。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)が4~6月期のディスインフレ進展を評価する発言を行っているが、引き続き利下げのタイムラインについては言及がなく、為替相場の反応は限定された。


中期スイング売買法
中期トレンド判定は下落トレンド。
よって5日平均線までの戻りを待って売りを考えるシチュエーション。
戻り待ちの状態です。



明日の一押し銘柄 日経225先物  7月12日16時30分更新

中期スイング売買法では

中期トレンド判定は上昇トレンド。
6月21日 38620円 買いスタート 9月限
この買いに対するストップ設定は37910円以下に設定。
本日5日平均線を割り込んで終了したことで押しが入ったと認識。
明日の終値が41490円以上なら上昇再開と考え追撃買いも一考。



中期スイング売買法の基本的な考え方(アップトレンドの場合)(ダウントレンドの場合は真逆)
①トレンドの判定 中期トレンドindexで判定(1=アップトレンド -1=ダウントレンド)
②上昇トレンドの中で押しが入った確認 5日平均線で判定(5日平均線を終値が下回る)
③押しが入ったあと再上昇の確認 5日平均線で判定(5日平均線を終値が上回る)

上記①②③の条件がそろってエントリーするのが基本形

エントリー後のストップア設定の考え方は直近安値(アップレンドの場合)を割込んだら撤退が基本形。




執筆者の写真

監修:安村 武彦

国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト(CFTe)・AFP(日本FP協会認定)
大阪府出身。1987年に商品先物業界に入社。2005年末に業界を離れ、2006年より専業トレーダーとして商品・株式・FXの売買で生計をたてる。個人投資家が相場で勝つためには、投資家目線のアドバイスが必要不可欠と感じ業界へ復帰。真のアドバイザーを目指し現在に至る。個人投資家向けに開催する一目均衡表のセミナーは非常に分かりやすいと好評を得ている。

ご注意ください。
当サイトの情報は各アナリストがテクニカル分析に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。
売買に際しての最終判断はあくまでもご自身でご決定ください。 商品関連市場デリバティブ取引及び商品先物取引は元本や利益が保証されるものではなく、 価格の変動により場合によっては委託証拠金の額を上回る損失が生じることもあります。 為替、日経平均株価の分析は、商品市場分析の参考データとしてご提供しております。 当社では、外国為替証拠金取引及び日経平均指数先物取引の取り扱いはしておりません。
なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますのであらかじめご了承ください。
お取引の際は事前に 重要開示事項 等を十分ご理解のうえ、ご自身の判断で行なって頂けますようお願い申し上げます。