売買手法に特化した情報コンテンツ

テクニカル分析に特化した相場情報サイト「マーケットEYE」

0120-520-307

受付時間/平日9:00~17:00

お問合せフォーム

投資力向上コラム投資力向上コラム投資に役立つ知識をご紹介します。

「投資力向上コラム」では、投資家が市場で一歩先を行くための基本的なテクニカル分析の概念と戦略を紹介します。理論だけでなく、移動平均線のクロスオーバー、RSI、MACDなどの一般的なテクニカル指標を含む、具体的な分析手法の応用方法にも焦点を当てます。既に一定の知識を有しているがさらにスキルアップを目指すトレーダーまで、あらゆるレベルの投資家に役立つ内容をご紹介していきます。


金価格の歴史(1990年代前半)冷戦の終結とソビエト連邦の解体

金価格の歴史(1990年代前半)冷戦の終結とソビエト連邦の解体
2024/07/12
1990年代前半は、冷戦の終結や経済成長、株式市場の活況、インフレの低下、強いドルなど、複数の要因が重なり合い、金価格にとっては低迷の時期でした。

金価格の歴史(1980年代)アフガン侵攻とプラザ合意

金価格の歴史(1980年代)アフガン侵攻とプラザ合意
2024/07/10
1980年代の金市場は国際的な政治経済の動向に敏感に反応し、地政学的リスクや経済政策の変化が金価格に大きな影響を与えました。

金価格の歴史(1970年代)ニクソンショックとオイルショック

金価格の歴史(1970年代)ニクソンショックとオイルショック
2024/07/05
1970年代は、金価格にとって劇的な変動の時代でした。このコラムでは、ニクソンショックとオイルショックがどのように金価格に影響を与えたのかを探ります。

第6回 負け組と勝ち組ともう一つ

第6回 負け組と勝ち組ともう一つ
2024/06/21
相場の世界で「負けない」ということは、「勝つ」ということとは異なります。 まず大切なのは、負ける側から負けない側に立つことです。これは何を意味するのでしょうか。

第5回 トレンドフォロー

第5回 トレンドフォロー
2024/06/14
トレンドフォローという売買手法を紹介します。この手法は、トレンドを追いかけるという基本的なアプローチです。

投資の心理学②「認知バイアスとは」

投資の心理学②「認知バイアスとは」
2024/06/07
人間は誰でも無意識のうちに「認知バイアス」と呼ばれる思考の癖を持っており、それが投資判断を誤らせ、損失を招くことがあります。






執筆者の写真

監修:安村 武彦

国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト(CFTe)・AFP(日本FP協会認定)
大阪府出身。1987年に商品先物業界に入社。2005年末に業界を離れ、2006年より専業トレーダーとして商品・株式・FXの売買で生計をたてる。個人投資家が相場で勝つためには、投資家目線のアドバイスが必要不可欠と感じ業界へ復帰。真のアドバイザーを目指し現在に至る。個人投資家向けに開催する一目均衡表のセミナーは非常に分かりやすいと好評を得ている。

ご注意ください。
当サイトの情報は各アナリストがテクニカル分析に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。
売買に際しての最終判断はあくまでもご自身でご決定ください。 商品関連市場デリバティブ取引及び商品先物取引は元本や利益が保証されるものではなく、 価格の変動により場合によっては委託証拠金の額を上回る損失が生じることもあります。 為替、日経平均株価の分析は、商品市場分析の参考データとしてご提供しております。 当社では、外国為替証拠金取引及び日経平均指数先物取引の取り扱いはしておりません。
なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますのであらかじめご了承ください。
お取引の際は事前に 重要開示事項 等を十分ご理解のうえ、ご自身の判断で行なって頂けますようお願い申し上げます。