コムテックスサイト >オンラインサイトTOP > 商品デリバティブ取引のしくみ > 取引時間

取引時間

商品デリバティブ取引のしくみ(取引時間)

取引所の取引時間

大阪取引所

大阪取引所の取引時間は、日中立会は「8:45〜15:15」・夜間立会は「16:30〜6:00(30:00)」です。 なお、ゴム夜間立会の時間は、日中立会は「9:00〜15:15」・夜間立会は「16:30〜19:00」となります。

ザラバ取引の取引時間


大阪取引所 取引時間 日中立会 夜間立会
貴金属市場 (金・白金)
農産物市場 (とうもろこし・大豆)
CME原油指数等
8:45〜15:15 16:30〜6:00(30:00)
ゴム市場 (ゴムRSS・TSR) 9:00〜15:15 16:30〜19:00

東京商品取引所

東京商品取引所の取引時間は、日中立会は「8:45〜15:15」・夜間立会は「16:30〜6:00(30:00)」です。 なお、電力先物取引の夜間立会の時間は、日中立会は「9:00〜15:15」・夜間立会は「16:30〜19:00」となります。

ザラバ取引の取引時間


東京商品取引所 取引時間 日中立会 夜間立会
原油・石油製品 8:45〜15:15 16:30〜6:00(30:00)
電力 9:00〜15:15 16:30〜19:00

商品先物取引入門「取引時間」のワンポイントアドバイス

金や原油などの商品は、日本が夜の時間帯でも欧州や米国などを中心に取引され、価格が刻々と動いています。朝6:00まで市場が開いていることにより、海外のコモディティ市場や為替の動向を睨みながら日本の市場で金や原油などをリアルタイムに取引できます。

計算区域

取引の1計算区域は、「前営業日の夜間立会(16:30〜6:00)+当日の日中立会(8:45〜15:15)」となります。 したがって、1計算区域の終了は日中立会終了時となり、1計算区域の「帳入値段」は日中立会終了時に設定されます。このことから、1計算区域では夜間立会の歴日と日中立会の歴日が異なることに注意してください。


計算区域

ザラバ取引と引板合わせ

「ザラバ取引」とは、株式取引などと同じ方法で、取引開始時間、取引終了時間が決められていて、その間は自由に取引価格が決められていく方法です。
大阪取引所及び東京商品取引所では、日中立会のザラバ取引時間が「8:45〜15:10」、夜間立会のザラバ取引時間が「16:30〜5:55」(ゴムは18:55)となります。

ザラバ取引時間終了後に、5分間の注文受付時間を設けて取引時間の最後に引板合わせが実施されます。

日中立会15:10から5分間と夜間立会5:55から5分間は、注文を受け付けるだけの時間です。注文が約定することはありません。※ゴムと電力は夜間立会18:55からの5分間

ノンキャンセル・ピリオド

日中立会の寄板合わせ、夜間立会の寄板合わせ及び引板合わせ直前に1分間の注文訂正と取り消しを行うことができない時間帯があります。 その時間帯をノンキャンセル・ピリオドと呼びます。



引板合わせ時間

※ゴム市場は、ノンキャンセルピリオドは適用対象外です。

コムテックスオンライントレードをご希望の方は、
ネット上で手続きができる無料の口座開設をご利用下さい。

コムテックス オンラインサービス 口座開設へ

キャンペーン情報
インターネット照会サービス
コムテックスオンライン取引 SPAN証拠金制度
不公正取引について